1. 漢方とダイエット
  2. コレってストレス太りかも・・・気太り(気滞)の方に効くダイエット方法と漢方薬

出典:https://www.photo-ac.com/

コレってストレス太りかも・・・気太り(気滞)の方に効くダイエット方法と漢方薬

ストレスが原因の気太り、おすすめのダイエット方法を解説!

イライラが肥満につながることを知っていますか?
いわゆる「ストレス太り」です。
漢方ではこれを「気太り」「気滞(きたい)」と呼び、ストレスによって「気」の巡りが悪くなることで太りやすくなると考えられているのです。
そのメカニズムと、気太りの人に合うダイエット方法や漢方ダイエットについて解説しましょう。

ストレスで太る!?気の停滞で太るメカニズム

漢方や中国医学でよく使う「気」という言葉を聞いたことがあると思います。
「気」とは漢方を始めとする東洋医学の考え方で、「生命エネルギー」のことです。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、実は日本人は「気」というものを何となく理解しています。
「元気」「気分」「活気」「陽気」「陰気」「雰囲気」「気が合う」など、日本語には「気」がつく言葉がたくさんありますよね。
意思ではコントロールできない、その人の生きるパワーと考えても良いかもしれません。
よく、痛いところに手を持って行くのは、手のひらには「気」が集まりやすいからで、「気」によって弱ったところが治りやすくなることを、私たちは無意識のうちに知っているのです。

さて、そんな「気」ですが、健康な場合は全身をスムーズに流れています。
ところが、何らかの原因で流れが悪くなることがあります。
これを「気滞」といい、エネルギーがある部分で詰まってしまっているのです。
ストレスが気滞の典型的な例だというと、何となくわかりますよね。
西洋医学的に言うと、自律神経が乱れて交感神経が常に活性化し、心身が興奮状態になっているのです。

気滞になるとどんなことが起こるでしょうか。
会社や家庭でイライラして、つい食べてしまうことってありませんか?
特に女性の場合、そういう時はやたら甘いものやジャンクフードが食べたくなるんですよね。
コンニャクや生野菜が食べたくなるって、あまり聞いたことがありません。

また、気滞になると代謝機能もスムーズに行かなくなるため、食べた糖質や脂肪、水分などが詰まって(貯め込んで)しまうため、便秘や水太りを引き起こしてしまいます。
その結果体重が増えることに…そしてそのことでまたイライラして、ガマンしようと思っても甘いものに手が伸びてしまい、悪循環を引き起こしてしまうのです。
これが「気太り」です。

気太りはそれほど体重が増えないこともあります。
しかしイライラする、何となく身体が重い、肩こりや首こりがひどい、身体のラインがすっきりしないといった、「何かが詰まっている」感じがします。
さらに悪化すると、回りも「雰囲気が重苦しい」と感じるほどになってしまうのです。

気太りの症状が舌に出ることも~気太りの特徴

漢方では、気の力で血液や体内の水分が循環していると考えています。
そのため、気太りになると血行不良が起こりやすくなります。
これを西洋医学的に言うと、交感神経が活性化して筋肉や血管が硬くなり、血液が全身を巡らなくなる状態です。
特に太さが髪の毛の10分の1程度しかない毛細血管に血液が流れなくなるため、手足が冷えてしまうのです。

また、全身が緊張しているので胃腸の働きも悪くなり、食べたものを充分消化できなくなるので便秘になったりお腹にガスが貯まったりします。

また、漢方では気滞と肝(肝臓)には深い関係があると考えられています。
肝は感情のコントロールをする作用があり、気太りになる、つまり気が詰まるとイライラや情緒不安定な状態になります。
その結果寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり夢を見たりといったことも起こります。
これも、交感神経が昂って脳が興奮状態に陥っていると考えるとわかりやすいでしょう。

自分が気太りの状態かどうか調べるには、舌を見てみましょう。
両側が赤く、中央が白っぽい、あるいは黄色っぽい舌苔がある場合、気太りの可能性が高いです。
これがひどくなると、中央に赤い斑点が出ることもあります。

もう一つ、わかりやすいのが「生理前」です。
多くの女性は、生理前になるとイライラしたり急に落ち込んだりと情緒不安定になったり、胸が張って痛くなったり、便秘やガスに悩まされたりしますよね。
これがまさに「気滞」の症状で、この状態が続くことで気太りになってしまうのです。

西洋医学的に言うと、生理前は女性ホルモンのうちプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増える時です。
なので、気太りの原因の一つはプロゲステロンの分泌過剰とも考えられます。

気太り体質の方に向いているダイエット方法

生理前に太るのって、努力してもあまり効果がありませんよね。
生理が始まれば便秘もむくみも解消し体重も減りますから、仕方ないものと考えている女性も多いでしょう。

しかし、気太りになると生理前の状態がずっと続くことになるため、放置しておくとどんどん脂肪が貯まって太ってしまいます。
また、「気滞」の状態ですからイライラや憂鬱感がずっと続き、精神衛生上も良くありません。
そこで、以下のことをまず試してみましょう。

・香りの良いお茶や香辛料を摂取する

漢方では、香りの良いものが「気」の巡りを良くして精神を安定させると考えられています。
特に良いとされるのが以下のお茶や香味野菜です。

・ジャスミン茶
・バラ茶
・カモミール茶
・ラベンダー茶
・ミント茶
・パクチー(香菜、コリアンダー)
・シソ
・バジル
・セロリ
・春菊
・三つ葉 など

・酸味のあるものを積極的に摂る

酸味のあるものも気の流れを改善させるため、みかんやオレンジ、グレープフルーツなど柑橘系の果物も良いとされています。
梅干しやお酢、レモン、ゆずなどを料理の調味料として使うのもお勧めです。

・肝の働きを良くする食材はこれ

イカやあさり、しじみ、レバーは肝の働きを良くして体内に貯まった老廃物を排出させる作用があるといわれているので、これらを食事に組み込みましょう。

・スイーツ系はできるだけ避け、まずはタンパク質を

これらの食材を使った食事を摂り、かつストレス食いをできるだけ避けましょう。
気太り状態の時は、特にスイーツ系が食べたくなりますよね。
これは、甘いものを食べると脳内からセロトニンという幸せホルモンが分泌されやすくなるからで、脳は経験でそれを知っているのです。

しかし、セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から作られるもので、アミノ酸といえばタンパク質。
つまり、タンパク質を摂らないでいると、いくら甘いものを食べても段々セロトニンが作られなくなってしまいます。
しかし脳は「甘いもの=セロトニン=幸福感」という公式を覚え込んでしまっているため、どんどん甘いものを要求してくるため、食べ過ぎてしまうのです。

気太りで悩んだ時は、まずトリプトファンを多く含むチーズや牛乳、豆乳など乳製品や大豆製品をできるだけ摂りましょう。
合わせて、ビタミンB6もセロトニンを増やす作用があるため、さつまいもやイワシもお勧めです。

本当はバナナがトリプトファンとビタミンB6両方を含んでいるので一番良いのですが、バナナは炭水化物もかなり含まれています。
炭水化物もセロトニンを増やす作用があるため、本来はバナナを積極的に摂ってほしいのですが、気太りの場合は1日半本から1本程度に抑えましょう。

・カフェインは交感神経を活性化させるのでNG

カフェインは自律神経を乱して気滞状態を悪化させるため、気太りの場合はカフェインの多い玉露やコーヒー、コーラ、栄養ドリンクはできるだけ避けましょう。

・ストレス発散には運動も効果的

ランナーズハイという言葉があるように、運動は脳を幸福感で満たす働きがあります。
思い切り身体を動かすと、いつの間にかストレスが消えて爽快な気分になっていますよね。
これは、運動によってもセロトニンやエンドルフィンなど多幸感を与える神経伝達物質が分泌されるからです。

長時間多幸感を得たいなら有酸素運動、すぐにスッキリしたい時は筋トレが向いているといわれます。
イラッとした時は10キロのお米を思い切り持ち上げる、なんていうのも案外効果的ですよ。

また、当然運動は血行を良くするので代謝が良くなりますし、腸に刺激を与えて便通も良くなりますから、気太りさんのダイエットにとても効果的です。
早足やジョギング、サイクリングなど簡単にできる運動をこまめに行ないましょう。

気太り体質の改善効果が期待できる漢方薬

生理前の1~2週間だけなら何とか食事制限できるけれど、ずっとというのはつらい…という人は、漢方薬を使ってみるのも良いかもしれません。
漢方では気滞の人のための処方がたくさんあり、中にはダイエット効果が期待できるものもあります。

・大柴胡湯(だいさいことう)

ストレスを解消しながらダイエットするのに最も適しているといわれるのが、大柴胡湯です。
柴胡(さいこ)や黄芩(おうごん)には体内に貯まったストレスや老廃物を解毒、消炎する作用があります。
また、自律神経を整え気の流れを調整する生薬も配合されているので、心身が安定して気太りが解消されてきます。
なお、大黄(だいおう)という強めの下剤成分が配合されているので、胃腸が強く便秘気味の人に向いています。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

普段から積極的なタイプで胃腸が強く、毎日のちょっとしたストレス解消のために飲み食いしがち、便秘がひどいという人には防風通聖散も良いでしょう。
こちらには大黄と芒硝(ぼうしょう)という2種類の下剤成分が配合されているので、お腹周りのスッキリを助けてくれます。
また、このタイプはダラダラ食いが多く胃腸が常に働いているため、熱を持っています。
その熱を下げ、胃腸の働きを調整することで食欲が正常に戻り、さらに代謝が良くなります。

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯は体力が中程度あり、小さなことがストレスになってしまったり、緊張に弱く不眠に陥りやすかったりするタイプに向きます。
この漢方薬には大柴胡湯と同じ生薬がいくつか配合されていますが、それを緩和する生薬も入っています。
そのため、ストレスでイライラも起こりますが、それ以上に思い悩んでしまい、その不安感から食べてしまう人に向きます。

・加味逍遙散(かみしょうようさん)

大柴胡湯と防風通聖散は体力がある人向きですが、体力に自信がないという人は、加味逍遙散を使いましょう。
「気」は血液とともに身体を巡りますが、血液が不足すると気が余り、それが熱を持って脳のほうに上がり、交感神経を活性化させてイライラの原因になると考えられています。

加味逍遙散には血液を増やし、気の流れを正常にする作用があります。
すると副交感神経が活性化して精神が安定し、ストレスが緩和することから気太りが解消されていくのです。

ストレス解消⇒ダイエットの好循環で痩せ体質に

よく「ストレスを解消しましょう」と言われますが、それが出来れば苦労はしないですよね。
とはいえ、ストレスは精神的にも肉体的にも良くありません。
せっかくの美味しいものを、味わうためでなくイライラ解消のために食べてしまうのはとてももったいないこと。

食べること以外でストレスを解消する方法を見つけましょう。
体力がある人は運動するとか、週末は遠くまでドライブして自然に触れたりするのも良いでしょう。
カラオケで思いっきり歌うことでストレス発散になる人もいます。
猫カフェで気ままな猫ちゃんを見て癒されたり、ボランティア活動で気持ち良い汗をかいたりするのもお勧めです。

運動が苦手という人は、室内でアロマを焚いたり、ヨガで心を落ち着かせたり、ヒーリングミュージックを聴くのも効果的です。

また、一時大人気だった「涙活」は泣くことでストレスを解消するというものですが、YouTubeには今も感動的な映像がたくさんあり、見た後は心が洗われたような気持ちになり、ストレスが飛んで行ってしまいますよ。

YouTube:世界中が泣いたタイの感動のCM3本

こういった方法と併せて漢方薬を服用することで、ストレスが少しずつ溜まりにくくなっていきます。
食欲も落ち着き、本当に身体が必要としている時に、必要な栄養素だけを摂りたくなってきます。
するとビュッフェに行っても無理に詰め込むことがなくなりますし、もし食べ過ぎても余分なものはすぐに排出されるようになってくるのです。

気太りの人は、すでにストレスが貯まっています。
無理に食事制限や嫌いな運動をすることは、さらに太る原因を作っているようなもの。
それよりも、気滞を改善させる食材を使ったり漢方薬を摂取したり、身体を動かしたりしながらストレスが貯まらない心身を作り、気太りを解消させましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

掲載商品一覧

Page Top