1. 漢方とダイエット
  2. 【漢方薬は痩せない!?】漢方ダイエットに関するよくある誤解と正しい漢方の始め方

hajimekata

【漢方薬は痩せない!?】漢方ダイエットに関するよくある誤解と正しい漢方の始め方

漢方薬や生薬でダイエットに使えるものをご紹介!

最近よく見かける漢方ダイエット。
CMや宣伝を目にすると、何となく簡単に痩せられそうな気がしませんか?
しかも、結構大手医薬品メーカーが扱っていますから、ますます信ぴょう性が高そうに思えてしまいます。

これまで数々のダイエットで痩せないという経験をしてきた女性にとって、期待が高まるのは無理もないとはいえ、本当に漢方ダイエットに効果があるのでしょうか。

漢方薬の使い方を間違っていませんか?

「漢方」って不思議ですよね。
何となく胡散臭いイメージと、とても効果がありそうなイメージの2つが混在しているのです。

それは、漢方=中国、というイメージがあり、「どんな生薬の育て方をしているかわかったもんじゃない」といったマイナスの感情と、「数千年前から処方されているものなので、きっと効果が高いだろう」というプラスの憶測があるのでしょう。

そして現在、漢方薬は副作用がなく、効果の高いサプリメントだと思っている人が少なくありません。
ドラッグストアで簡単に手に入れることができ、価格も多くのダイエット商品と変わりませんから、あまり考えずにTVや雑誌、ネットで見た商品を購入してしまうのです。

また、別の側面として、漢方薬は病気の時に医師から処方される場合もあることから、効果があるに違いない、というイメージも抱きやすいです。
さらに大手医薬品メーカーが販売していることも、安心の判断材料になってしまいます。

これら3つがドッキングして「漢方薬とは、医師が処方したり大手メーカーが販売したりするほど信頼性があり、しかもドラッグストアで簡単に手に入るもの」という固定観念が出来上がってしまうのです。

しかし、漢方薬はその名の通り「薬」です。
ダイエットサプリメントと勘違いして漢方薬を安易に使うと、痩せないことはもちろん、副作用が出ることもあることをまずは知ってくださいね。

漢方ダイエットに関するよくある誤解

gokai

漢方薬に対する大きな誤解が、「漢方=中国医学」という考え方です。
漢方薬は中国医学を古来の日本伝統医学と照らし合わせながら取り込んでいったもので、中国医学の処方と全く同じものもあれば、日本にしかない処方もあります。
また、処方自体は中国でも、実際にはほぼ日本でしか使用されていないものもあります。

例えば、風邪といえば「葛根湯」というのは、いつの間にか私たちの脳に刷り込まれていますよね。
しかし、中国では風邪の時に葛根湯を飲むということはまずありません。
古典医学書に記載はされているものの、現代の中国人の体質には合わなくなってきているためです。

別の処方の風邪薬が何十種類と販売され、自分の症状や体質に合ったものを選んで購入するか、医師に処方してもらうのが一般的になっています。
デパートやスーパーでも生薬が何種類かパックされたものが販売されていて、自宅で煎じて飲むこともよくあります。

しかし、処方に違いはあっても、考え方の基本は同じです。
漢方や中国医学は「実証と虚証」「寒証と熱証」「表証と裏証」「陰陽弁証」「気・血・水(津液)弁証」「臓腑弁証」など、西洋医学とは全く違った考え方によって体質を分けています。
そして、それぞれの「証」に合った生薬を配合し、服用するのです。

しかし、中華圏の人たちの多くが自分の体質をよく知っているのに対し、日本人は体質を漢方方式で判断するという習慣がありません。
そのため、漢方の知識のない日本人が宣伝内容につられてあてずっぽうに購入すると、全く効果がないばかりか、副作用が強く出てしまうこともあるのです。

それが顕著に起こりやすいのが、漢方ダイエットとして販売されている漢方薬です。
最近よく目にする商品に「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」があります。
これは「実証」「熱証」「表証」「陽証」の体質に合った処方なのですが、私たち日本人のほとんどは、そういわれてもよくわかりませんよね。

大手メーカーのツムラの商品には「体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がち」な人の様々な症状に合うと書かれていますが、これだけで判断できるでしょうか。
そもそも「体力充実」とはどの程度のことをいうのか、がわからないですよね。

防風通聖散は中国の古典そのままの配合のものが多く、ということは中国人の体力を基準にしていることになります。
中国の農民と日本のOLを比較したら、ほとんどの人は「体力非充実」になってしまいますよね。

実際、防風通聖散が合う体質というのは、太鼓腹で元気、食べるのが大好きで暴飲暴食気味、声や動作が大きく汗かき、というタイプに向く処方になっており、日本人の場合女性にはなかなか当てはまりません。

taikobara

メーカーによっては中国の処方の分量を減らした「2/3処方」「3/5処方」などがあり、これで漢方ダイエットが成功したという女性は少なくありません。
また、何度か使用して量を減らしてみたら効果が出た、という人もたくさんいます。

しかし、中には多いほうが結果が出やすいだろうと自己判断し、中国処方の量そのままの「満量処方」のものを選んだ上に、説明書に書かれた用量以上を摂取してしまう人がいます。
すると痩せないばかりか下痢が止まらなくなったり、腹痛で動けなくなってしまったりすることもあるのです。

簡単に手に入れられることから誤解しがちなのですが、漢方薬はサプリメントではなく「医薬品」です。
サプリメントでさえ飲み過ぎでトラブルが起きることがあるのに、医薬品の漢方薬を必要以上に服用すると、内臓に負担をかけ思わぬ副作用が出ることがあるのです。

漢方薬に期待できること、期待できないこと

kitai

漢方薬は、西洋医学とは全く違う概念で築き上げられた経験医学です。
そして、その大元は「健康で長生きできる身体を作る」という考えです。
そのため、個人的な希望に沿わないことは少なくありません。

多くの女性にとって、モデルのように痩せて最新流行のファッションを美しく着こなすのは憧れでしょう。
そのためには健康を害してもかまわない、「死んでもいいから痩せたい」と考えている人もいます。

しかし、漢方は健康を害するような処方を良しとしません。
その人の体質を改善することで便秘や水太りを解消したり、代謝を良くしたりすることで体内に貯まっている老廃物を排出し、さらに老廃物が貯まりにくい身体へと変化させていきます。

その過程で体重が減ることはあっても、健康を阻害するような痩せ方はしないような配合になっています。
老廃物を排出する生薬は何十種類もあり、個々の体質に合わせて調合しているのです。

そのため、どの処方が合うかは医師や薬剤師が判断することになっています。
市販されているものでも医薬品扱いになっており、薬剤師あるいは登録販売者から説明を受けないと購入できません。

面倒と思うかもしれませんが、それだけ合うか合わないかの差が大きく、痩せない、体調を崩したといった副作用が出やすいのです。

漢方薬はどんな処方でも、痩せ薬として開発されたものではありません。
そのため、「健康的な体重になる」ことは期待できますが、モデル体型になるほどには痩せないと考えましょう。

また、老廃物が貯まりにくい体質に改善するということは、胃腸だけでなくすべての内臓の機能を向上させなければいけません。
そのためには数か月から1年前後かかる可能性があること、途中で止めてしまうと体質が太っていた頃に逆戻りしてしまい、また太りやすくなることも知っておいてくださいね。

ダイエットに使える漢方薬と正しい漢方の始め方

hajimekata

漢方薬や生薬でダイエットに使えるものはいくつもあります。
緩下作用のある、安価な生薬からご紹介しましょう。

決明子(ハブ茶)

エビスグサの種子から採れる生薬です。
日本ではハブ茶として知られていますが、エビスグサではなくハブソウの種子を使用しているものもあります。

中国の本草綱目という1578年に完成した医学書に掲載されており、穏やかな緩下作用と利尿効果があります。

センナ

中国で番瀉葉(ばんしゃよう)と呼ばれる生薬です。
元々はアフリカなどで下剤として使用されており、中国や日本で使用されるようになったのはこの100年程度です。

医薬品として使用されるのは葉の部分で、非常に強い寫下作用があり、便秘による肥満に効果がありますが、腸が弱い人が使用すると下痢が止まらなくなったり強い腹痛が起こったりすることがあります。

なお、健康食品に配合されているセンナは茎の部分で、葉よりは効き目が穏やかとされていますので、最初は茎から試すと良いでしょう。

海松子(かいしょうし)

海松子とは松の実のことで、中国では古くから身体に負担をかけず便秘を解消する「潤下薬」として使用されてきました。

日本で出回っているのは朝鮮五葉松で、滋養強壮作用もあり、健康にとても良いとされています。
脂質が多いのですが、不飽和脂肪酸が多く便の排泄をスムーズにさせる作用があるため、適度に摂取すると良いでしょう。

また、市販されている漢方薬には、以下のような商品がダイエットに使えます。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

固太りでお腹回りに内臓脂肪がついている、暴飲暴食、赤ら顔、体力がある、汗かきといった、主に男性によく合う処方です。
体内の熱を逃がし、内臓が正常に働くようにすることで、代謝力をアップします。
強めの寫下剤が配合されているため、胃腸が弱い人には向きません。

大柴胡湯(だいさいことう)

ストレスを感じるとつい食べて解消するタイプの人に向きます。
イライラを感じると特に炭水化物や甘いものが欲しくなる、生活習慣が乱れやすいといった、自律神経が乱れがちな人に効果が出やすい漢方処方です。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

女性に多い、ぽっちゃり型に合う処方です。
食は細めだが甘いものは好き、運動が苦手、疲れやすく回復が遅い、むくみやすい、色白といった、代謝が悪く栄養が充分吸収できないタイプは、こちらが良いでしょう。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血行が悪く、血色が良くない人、冷え性で常に手足が冷たい、水分を摂ってもトイレにあまり行かない、むくみやすい、貧血気味な人に向きます。
水分代謝が悪いので、それを改善する処方になっています。

麻子仁丸(ましにんがん)

胃腸が弱くお腹が張ってしまう人、便がウサギのフン状に硬い塊になってしまう人に向きます。
便を柔らかくすると同時に排便を促し、のぼせや湿疹、ニキビを改善させる作用もあります。

そのほか、加味逍遙散(かみしょうようさん)や桃核承気湯(とうかくしょうきとう)など、肥満のほか生理痛や更年期障害など、婦人科系疾患もある場合に向くものなどがあります。

このように、ダイエットに向くと考えられる漢方薬はたくさんありますが、すべて体質が基準となっています。
そのため、TVや雑誌の表面的な宣伝だけを鵜呑みにすると、体質に合わず痩せないことはよくあります。

漢方薬でダイエットしようと思ったら、まずツムラやクラシエ、漢方薬局などのホームページで自分の体質を把握し、大体の目安をつけましょう。
クラシエのサイトには、Q&A方式で回答していくと最も適していると思われる漢方薬を紹介してくれるページがありますから、参考にしてくださいね。

※クラシエ 体質マッチング
http://www.kracie.co.jp/ph/coccoapo/#matching-cube-heading

これらで大体の体質と合う漢方薬を把握したら、ネットで一度購入してみるのも良いですし、ドラッグストアなどで専門家や薬剤師、医師などの判断を仰ぐのも良いでしょう。
ネット通販では初回割引やお試しサイズ、返品可など様々な特典が用意されているので、そちらを利用するのが手軽ですね。

まとめ~体重を減らすだけのダイエットよりも

matome

日本では、ほっそりした女性が男性に人気があります。
TVで見る女優やアイドルも細い人が多く、自分もそうなりたいと思うのは当然かもしれません。

しかし、自己流の健康を考えないダイエットによって身体がボロボロになってしまっては、いくら痩せても肌はガサガサ、髪はパサパサ、血色が悪く、女性としての魅力がすべて失われてしまうかもしれません。

前述したように、漢方薬はあくまで健康な身体になることを目指すもので、体重が減ることはあるものの、あくまで健康になるために老廃物を排出した結果です。
そのため、期待したほど痩せないということはよくあります。

しかし、肌はバラ色、髪はツヤツヤでうるおいがあり、アクティブでいつも明るい健康的な女性はとても魅力的ですよね。
希望のサイズまで痩せないからとダイエットジプシーを続けるより、余分な脂肪を落とし、健康でチャーミングな美人を目指しましょう!

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

掲載商品一覧

Page Top