1. 皮下脂肪
  2. 辛い運動や食事制限よりも・・・お腹周りの脂肪を落とすには“内臓の活性化”を!

出典:http://www.123do.co.jp/

辛い運動や食事制限よりも・・・お腹周りの脂肪を落とすには“内臓の活性化”を!

もっと効果的に!気になるお腹周りをスッキリさせる方法を解説

ダイエットといえば、運動や食事制限がつきものです。
確かに、運動もバランスの取れた食事も健康のためにはとても大切なもので、それらをおろそかにしたために現在の悩みがあります。
とはいえ、今更ハードな運動や食事制限、したくないですよね。
また、無理してやったからといって、お腹周りの脂肪をみるみるうちに落とすということはできません。
そこで、 もっと効率の良いダイエット方法について解説しましょう。

ダイエットと挫折を繰り返していませんか?

たった一度のダイエットで、その後もずっと体重や体型をキープできているという人はほとんどいません。
それどころか、どんなダイエットを行なってもなかなか結果が出ず、挫折してしまった経験を持っている人のほうがずっと多いでしょう。

TVなどで芸能人が成功したダイエットに飛びついても、一般人の私たちはサポートしてくれる人もいなければ、日常生活で思わぬことがどんどん起こることだってあります。
ダイエットを決心した途端ランチに誘われたり、美味しそうなケーキ屋を見つけたり、子供にせがまれてビュッフェに行ったり…。
そこをこらえてこそのダイエットですが、体重をキープするためにその生活をずっと続けていたら、回りに人がいなくなってしまいますよね。

また、ほとんどのダイエットは何かしらガマンしなければいけないので、ストレスが貯まってきます。
イライラして人に当たってしまったり、自己嫌悪に陥ったりして、結局挫折してしまうことが多いのです。

それを「甘い」と言われればその通りですが、誰もがストイックにハードなダイエットを続け、結果を出せる訳ではありませんよね。

運動や食事制限で脂肪が落ちない人の傾向

ダイエット方法自体が間違っていれば、当然良い結果は出せません。
例えばカロリー制限をしている人の傾向として、一時的には高い効果が出やすいのですが、段々体重が減らなくなってきますし、お腹周りの脂肪はそのまま、ということがよく起こります。

これは、人間の身体には健康を保とうとする働きが備わっているためです。
カロリー制限をして必要な栄養が少なくなると、身体は入って来たものをすべて取り込んで生命を維持しようと必死になります。
また、運動量を少なくすることで体力を温存しようとします。
そのため、エネルギー源である皮下脂肪を落とすことが難しいのです。

また、運動だけでは痩せにくいというのもよく知られるようになりましたね。
これは、運動による消費カロリーが意外と少ないからです。
例えば、ショートケーキ1個は300~400kcalありますが、これは階段昇降を約2時間、テニスやバレーボール、スキー、ジョギングなどを1~1.5時間やらないと消費できない熱量です。

実際には筋肉を動かすことで熱が生まれ、血行が良くなって老廃物が排出されやすくなるため、計算より痩せることはあり得ます。
その反面、ほとんどダイエット効果がないということもよく起こるのですが、そういう人は運動が苦手で正しく身体を動かしておらず、有酸素運動になっていないのです。

これは筋トレでも起こります。
筋トレは姿勢や力を入れる部分を間違えると、全く効果がないばかりか筋を痛めてしまうこともあります。
一例を挙げると、お腹周りの脂肪を落とすのに非常に効果的といわれる筋トレに「スクワット」がありますが、自己流で行なっている人の多くはフォームが間違っているといわれます。

フォームが崩れると膝や腰に負担がかかり、痛みをかばうために姿勢が悪くなってしまい、結局お腹周りに脂肪がつきやすいという逆効果を生むこともあるのです。
スポーツをやり慣れない人がいきなり運動で痩せようとしても、思ったような結果が出ない理由がここにあります。

さらに、これまで基礎代謝をアップさせるには運動で筋肉をつけること、というのが定説になっていましたが、近年この説が覆されるようになったのです。
以前は基礎代謝のうち約40%が筋肉によって消費されると考えられてきましたが、最近では筋肉による基礎代謝は約20%程度であることがわかったのです。
もちろん、20%でも意味はありますが、運動で筋肉をつけてもそれほどダイエット効果が期待できないといわれるようになりました。

もう一つ、女性は運動や食事制限でもお腹周りの脂肪を落とすのが大変な理由があります。
お腹周りの脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、女性につきやすい皮下脂肪は一度つくと落ちにくいという特徴があるのです。

これは女性ホルモンの働きが大きな原因です。
妊娠・出産を安全に行なうために、女性ホルモンは冷えやすい子宮や卵巣の温度を保とうと、皮下脂肪を貯め込もうとするのです。
そして、皮下脂肪が貯まるとセルライトとなり、さらに落とすことが難しくなってしまいます。

さらに、30代後半になって女性ホルモンが減ると、女性ホルモンの数分の一程度存在する男性ホルモンの作用が強くなってきます。
男性ホルモンには内臓脂肪を貯め込む作用があるため、セルライトと皮下脂肪の下に内臓脂肪までついてしまうようになり、ますますお腹周りがぷっくりしてしまうのです。

つまり、残念なことに女性は男性に比べると、脂肪が落ちにくいということなのですね。

基礎代謝を高めるには“内臓の活性化”が鍵

「じゃあ、運動や食事制限をしても無理じゃない…」と諦めるのは早計です。
基礎代謝の20%が筋肉によるものだと上述しましたが、それ以外のうち約60~70%は内臓によって消費されているのです。

つまり、内臓が健康で機能が正常であれば、それだけで消費カロリーがアップするということ。
例えば肝臓は消化液を作って食べた物を消化させ、タンパク質を作り、有害物質を解毒・分解させる働きがあり、身体の健康を維持するために非常に大切な臓器です。
この臓器を活性化させると消費カロリーが増え、お腹周りに脂肪が貯まりにくくなるのです。

また、二番目にエネルギーを消費する脳も、ダイエットのために非常に大切な臓器です。
脳は記憶や知覚、判断、感情をコントロールする司令塔で、特にストレスに強い影響を受けます。
自律神経が乱れて代謝機能がうまく働かなくなったり、ストレスを回避するために甘いものを食べたくなったりするのは、すべて脳の機能に問題が起きているからです。
そのため、脳の働きを正常にすることは基礎代謝をアップさせるだけでなく、ダイエットを継続させるためにも重要なのです。

また、腎臓といえば水分代謝や老廃物の排出をする臓器ですが、この機能が低下すると水太りになりやすくなります。
また、皮下脂肪という老廃物がお腹周りに貯まるのも、腎臓の機能が低下しているからです。
ですから、腎臓の機能を活性化すれば水分代謝が良くなってむくみがなくなりますし、冷え症も改善されて脂肪が燃焼されやすくなるのです。

こんな風に見ていくと、内臓を活性化させることは基礎代謝をアップさせるだけでなく、脂肪を落とすために様々な効果があることがわかりますね。

働きが悪い内臓を活性化させるには?

「でも、内臓を活性化させるには、結局食事制限が必要なんじゃないの?」と思った方、それは確かです。
内臓は食べたものによって機能しますから、その内臓の働きを低下させるジャンクフードばかり食べていたら、どんなダイエットだって成功しません。
最低限、六大栄養素と呼ばれる炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランス良く摂る努力は必要なのです。

バランスの取れた食事で内臓が強くなると、多少身体に悪いものを食べても、それを臓器が判別して排出してくれるようになります。
必要なものを必要なだけ取り入れ、不要なものはすぐに排出するというサイクルが作られるようになっていきますし、腹八分目で止められるようになっていくのです。

では、内臓を活性化させるにはどんな方法があるのでしょうか。
食事内容や運動以外で、誰でもあまりストレスなくできる方法をご紹介しましょう。

・とにかくよく噛んで食べる

よく噛むことで、脳に満腹感が伝わりやすくなります。
脳の満腹中枢が刺激を受けて食欲が落ち着くので、体重を落とすのにとても効果的なのです。
最低でも一口30回、できれば50回噛みましょう。

噛むことにはそれ以外のメリットもあります。
唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれていて、タンパク質以外のものを分解させる働きがあります。
よく噛んで唾液がたくさん出ると、飲み込んだ後消化が楽になるため、胃腸への負担が軽くなり、胃腸の働きを正常に戻してくれるのです。

・ご飯をかき込む前にお茶を一口飲む

味が濃いものを食べると、ついご飯をかき込んでしまいがち。
薄味にすれば一番良いのですが、なかなか味覚が変えられないという人は、ご飯をほおばる前にお茶を飲みましょう。
緑茶やウーロン茶、プーアール茶などには脂肪を燃焼させたり吸収を抑えたりする成分が含まれているので、一石二鳥です。

・濃いものにはキャベツの千切りで口直しという手も

食事時にあまりお茶を飲まないという人は、味付けなしのキャベツの千切りを用意しておきましょう。
濃いものを食べたらすぐにキャベツを食べると口がさっぱりしますし、キャベツには胃腸を保護するビタミンU(キャベジン)や消化酵素のジアスターゼがたっぷり含まれていますよ。
また、生だとよく噛まなくてはいけないので、唾液の分泌量を増やすにももってこいです。

・見た目は同じでも、ご飯の量を減らす

炭水化物(糖質)を食べ過ぎると、消化できなかったものが皮下脂肪になってしまいます。
そこで自宅で食事をする時には、ご飯など主食の量を減らす工夫をしましょう。

例えば、炊き込みご飯にして野菜やタンパク質をたっぷり入れる、ご飯を炊く時に粒コンニャクを入れるといった方法なら、見た目のボリュームが変わりません。
コンニャクを入れるとニオイがつきそうですが、実際には見た目も味も気づく人はまずいませんからご安心を。

・時々夕飯を抜いてみる

内臓を休ませるには、何も食べないことが一番です。
そこで、1週間に一度でも良いので、夕飯を抜いてみましょう。
2食目を午後4時くらいまでに済ませ、後は水かお茶程度にします。
なお、炭水化物は血糖値を上げ空腹感が強くなるので、抜く食事の前の食事は炭水化物を減らし、タンパク質中心に摂りましょう。

・規則正しい睡眠を取る

各内臓が活性化する時間帯は違いますが、その時間は体内時計によってコントロールされています。
体内時計は朝日を浴びるとスタートし、14~16時間後にメラトニンという睡眠ホルモンが分泌され、眠気を感じるようになっています。
体内時計に合った生活を送ることが、内臓の活性化につながり、基礎代謝や新陳代謝など様々な代謝が正常に行なわれるようになるのです。

体内時計はあらかじめセットされており、生活習慣などで変化することはありません。
朝起きて夜寝るという生活を送ることが、内臓を最も健康に保つのです。
適した睡眠時間は人によって違いますが、朝スッキリ起きられるよう調整しましょう。

内臓活性化のサポートに漢方薬を使う方法も

胃腸や肝臓の調子を整えるといって、栄養ドリンクやエネジードリンクを飲む人がいます。
しかし、それらのほとんどにはカフェインが配合されていて、栄養素よりカフェインによって脳が覚醒し、元気になったような気がするだけ。
内臓が疲労しているのに無理に働かせることになり、内臓疲労が悪化してしまいます。

そこでお勧めしたいのが、漢方薬です。
漢方では、身体の不調の根本は臓器から来ているという考えがあります。
内臓が不調になると水分代謝が悪くなったり血行不良になったり、あるいはエネルギー不足や停滞といったことが起こるため、それぞれの不調を改善するための処方がたくさんあるのです。
また、内臓の不調がお腹周りなどの脂肪を増やすことにもつながるため、老廃物を排出することで体調を整え、脂肪を落とす効果が期待できるものも少なくありません。

例えば、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」は胃腸が強いために暴飲暴食気味になりがちな、体力のある人に向く処方で、便通作用と利尿作用で余分なものを排出しながら、胃腸の暴走を止めてくれます。
特に内臓脂肪がつきやすい人に効果が高いといわれています。

大柴胡湯(だいさいことう)」は、同じように体力があり、ストレスによって暴飲暴食をしてしまうタイプに向いています。
ストレスを和らげながら代謝をアップさせる生薬が配合されているので、イライラ食いがなくなってきて、脂肪を無理なく落とすことができるのです。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」はあまり体力がなく、胃腸の働きが低下しているために栄養を充分吸収できない人に合う処方です。
胃腸を活性化させることで栄養素が充分に回り、血行が良くなるので代謝も良くなってきます。
また、水分代謝を良くする生薬も配合されているので、水太りでお腹周りがぽちゃぽちゃしている人の脂肪を落とす効果が期待できます。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」は体力があり、便秘がひどく月経不順、月経困難、生理痛を起こしやすい人や、更年期で精神が不安定になりやすい人に向いています。
血液の流れを良くして婦人科系の症状を緩和し、便秘や水分代謝が悪くむくみやすい体質を改善してくれます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は体力がなく冷え性、むくみがすごい、貧血、めまい、頭重感などに悩まされている虚弱体質の女性に向く処方です。
身体を芯から温め、水分代謝を良くするので代謝が良くなり、徐々にお腹周りの脂肪を落とす効果が出てきます。

なお、漢方薬は体質によって合うものが全く違うので、購入前に必ず薬剤師に相談してくださいね。
体質に合ったものであれば太る原因となる体質が改善され、リバウンドしにくいのも嬉しいですね。

内臓の活性化には時間がかかるかもしれません。
特にお腹周りにたっぷり脂肪がついてしまっている場合、内臓の機能がかなり低下している可能性があり、脂肪を落とすのは簡単ではないでしょう。
しかし、今回ご提案した食事の取り方や漢方薬はそれほどストレスにならず、無理なく続けることができます。
希望の体型になるまでには半年、1年とかかるかもしれませんが、内臓が活性化すればいつまでも健康でいられますから、焦らずゆっくり行きましょう!

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

掲載商品一覧

Page Top