1. 皮下脂肪
  2. ダイエットしても皮下脂肪が落ちない人は何が悪いのか~食事と便秘と肥満の密接な関係

出典:https://www.photo-ac.com/

ダイエットしても皮下脂肪が落ちない人は何が悪いのか~食事と便秘と肥満の密接な関係

頑張ってダイエットを続けてるのに痩せない!?

日本人女性の「痩せたい」という願望は世界的にも高いと言われており、毎年様々なダイエットが流行しては消えていきます。

「運動する時間がない・運動が苦手」「手軽に始めたい」といった理由から、食事制限によって摂取カロリーを抑えるダイエットは特に人気があります。最近では、炭水化物を抜く「糖質制限ダイエット」やひとつの食材を摂取する「単品ダイエット」が流行し、それに関する書籍などがベストセラーになるなど、多くの女性が興味を持ち、実践した様子がうかがえます。

確かに、食事制限ダイエットをすると最初は順調に体重が落ちるかもしれません。
しかし続けていくなかで、急に体重が落ちなくなったり、逆に増えてしまったという経験はありませんか?実はそれ、便秘のせいかもしれません。便秘はダイエットにとって悪影響を及ぼすだけでなく、肥満や体調不良の原因となるなど、身体にとって良いことはひとつもありません。

なぜ、ダイエットをすると便秘になるのか、便秘が身体に及ぼす影響も含めて、詳しくみてみましょう。

過度な食事制限や偏食による便秘に要注意!

便秘には実は明確な定義がありません。排便の習慣には個人差があるため、2日に1回の排便でも排便時に痛みや苦痛を伴わず、排便が困難でなければ便秘ではありません。逆に毎日排便している人でも、腹痛がある、便が硬くコロコロの形状をしていて排便が困難という場合は便秘とみなされます。

「すぐに効果を出したい!」と安易に食事制限などをすると、便秘になる可能性があります。
一時期、手軽にできるダイエットとして「朝食抜きダイエット」が流行しましたが、朝食は便通と大きく関連しています。私たちの身体は朝食をとることによって身体の中の老廃物である便を体外に排出させるという、「起床・朝食・便意」というリズムを持っています。朝食抜きの生活は便意のリズムが乱れ、便秘の原因となります。また、食事の量を減らすダイエットに関しても、便の材料となる食物繊維や食事から摂取できる水分が減るため、便が排出されにくくなります。

もうひとつ、便秘の原因となるのが偏食です。
バナナやリンゴなど1つの食材を摂取するダイエットや、炭水化物を制限する「糖質制限ダイエット」は、食材から摂取できる栄養が偏ってしまいます。

例えば、便秘にならないように食物繊維が多く含まれている野菜だけを摂取したところで、便秘は解消されません。それは、肉や魚に含まれる動物性の脂には便を軟らかくしたり、滑りやすくする効果があるからです。
肉を全く食べなければ、いくら野菜から食物繊維を多く摂取していたとしても便が硬く、滑りにくい状態になってしまいます。
「糖質制限ダイエット」は一見、便秘にはならなさそうな気がするかもしれません。ところが炭水化物は大きく糖質と食物繊維に分類されるため、炭水化物を制限するということはおのずと食物繊維量の摂取も減るため便秘の原因となってしまうのです。

「ダイエット中に便秘になってしまった」という人は、食生活に何らかの原因がある可能性があります。便通改善のためにはバランスの良い食事と3食きちんと食べることが大切です。ダイエット成功のためにも過度な食事制限や偏食をしていないか、食生活を見直してみましょう。

ダイエットによる便秘は体調不良や肥満を招く

胃腸には食べたものを、

①栄養分を消化吸収する
 ↓
②水分を吸収する
 ↓
③老廃物(便)を排出する

という役割を担っています。

便は体内に不要な老廃物であり、身体に有害な物質も含まれています。
本来、すぐに排出されるべきである便が腸内に溜まると、身体に様々な悪影響を及ぼします。

特に便秘はダイエットにとっては大敵です。便秘によって腸内に便が溜まると便が発酵し、有毒なガスや毒素が発生します。その結果、胃腸の消化吸収スピードが落ちてしまうのです。
消化吸収のスピードが落ちると、通常よりゆっくりと時間をかけ食べ物から多くの栄養素を吸収することができる一方、普段であれば吸収されないはずの糖分や脂肪分などを過剰に吸収されてしまいます。便秘の人とそうでない人とでは、便秘の人の方がより多くのカロリーを吸収してしまうといえます。

もうひとつ、便秘がダイエットの大敵となる原因として挙げられるのが、基礎代謝の低下です。基礎代謝とは、内臓を動かしたり体温を維持するなど、生命を維持するために最低限使われるエネルギーのことです。基礎代謝の高い人ほど、運動時やそれ以外の日常生活においてもエネルギーを消費することができるため、ダイエットにおいて代謝を高めることは重要です。ところが、便秘によって胃腸をはじめとする内臓機能が低下すると、内臓が消費するエネルギー量も減り、結果、基礎代謝が低下してしまいます。つまり便秘は「太りやすく痩せにくい」体質へと変化させる原因となりうるのです。

また、便秘によって腸内に発生した毒素は、血液に溶け込み全身を巡ることにより、様々な体調不良を引き起こします。
便秘がちな女性の中には、便秘になると肌が荒れるという経験があるかもしれません。それは、血液に溶け込んだ毒素が肌に行きわたり、汗や皮脂を通して毛穴から排出され、排出された毒素がターンオーバーを妨げることによって肌荒れを引き起こしているからです。
加えて、便秘になることがストレスになり自律神経が乱れてしまい、女性ホルモンのバランスが崩れることによってニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのです。

便秘は「太りやすく痩せにくい体質」へと変化させるだけでなく、肌荒れの原因になるなど、女性の美容にとっても大敵といえます。綺麗になるためのダイエットで、肥満や体調不良になってしまっては、元も子もありません。便秘を放置せず、ダイエットを成功させるためにも便秘解消をはかりましょう。

健康を維持しながら無駄な皮下脂肪を落とすには

では、便秘の改善に加え、気になる皮下脂肪を落とすには、どのような方法があるのでしょうか。
便秘がちな人にすすめたいのが「防風通聖散(ぼうふうつうせいさん)」という漢方です。

防風通聖散は18種類の生薬が配合されており、脂肪細胞を活性化させ、お腹まわりの脂肪燃焼を促進させる効果が医学的にも認められている漢方です。さらに防風通聖散には大横・芒硝(ぼうしょう)・甘草などの便通を促進する生薬や、白朮(びゃくじゅつ)や滑石(かっせき)といった利尿効果のある生薬など、これまでに貯まった老廃物を排出する成分が含まれています。
つまり、防風通聖散を飲むだけで、肥満解消だけでなく、便秘も解消も期待できるのです。

ただし、防風通聖散をはじめて使用する人には注意が必要です。
それは西洋医学のように症状や検査の結果に基づいて病名を診断し薬が処方されるのに対して、漢方医学ではその人の体質や状態を基に処方されるものだからです。
漢方医学では、その人の体質を見極めるために「証(しょう)」と呼ばれる診断基準があります。「証」とは簡単にいえば、その人が「どのような状態にいるのか」を、本人が訴える症状や体格などの要素から判定する漢方医学独自のものさしです。人によって「証」は異なるため、同じ肥満解消のために防風通聖散を使用したとしても、効果が出る人と出ない人がいます。

「証」は「実証(じっしょう)」と「虚証(きょしょう)」の大きく2つに分類されます。実証の人は、体力がある、筋肉質でがっちりとした体格、胃腸が強く便秘ぎみ、暑がり、腹部が前に張り出しているといった特徴があります。腹部に皮下脂肪が多い、いわゆる太鼓腹の人が実証に該当します。一方、虚証の人は、体力がなく弱々しい、細くて華奢、下痢体質、寒がりといった特徴があり、皮下脂肪の多いぽっちゃり体型の人は虚証です。

防風通聖散の効果効能は、「腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘」とあり、内容からも実証の人に効果があることをうかがえます。実証の人が使用すると、便秘改善に加え、腹部の皮下脂肪燃焼効果を期待することができます。

しかし、ダイエットを目的に虚証の人が防風通聖散を使用すると、下痢や冷え性の悪化など体調を崩す原因となってしまう可能性があります。漢方は自然由来で副作用が少ないイメージがありますが、あくまで医薬品です。漢方で皮下脂肪を燃焼したいという人は、自分の「証」がどちらなのか見極めた上で、慎重に使用することが重要です。

漢方薬の使用は体質を見極めた上で慎重に

漢方は個人の体質や状態に基づいて処方されるため、体質に合わないものを使用してしまうと効果があらわれません。また、効果効能だけを見て使用すると、体調不良や持病の悪化などの副作用を引き起こしてしまう可能性もあります。特に下記に該当する人は、使用する前に、必ず医師や薬剤師に相談してください。

  (1)医師の治療を受けている人
  (2)妊婦または妊娠していると思われる人
  (3)身体の虚弱な人(体力が衰えている人、身体の弱い人)
  (4)胃腸が弱く下痢しやすい人
  (5)発汗傾向の著しい人
  (6)高齢者
  (7)今まで薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
  (8)むくみや排尿障害などの症状がある人
  (9)高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害の診断を受けた人

はじめて漢方を使用するという人は、医師や薬剤師に相談をして自分の「証」にあった漢方を見つけましょう。最近では、漢方外来や専門クリニックもあり、保険適用で漢方を処方してくれる医療機関も多数あります。

「証」に合った漢方はあなたの体調不良の原因に働きかけ、体質から根本的に改善する効果が期待できます。また、体質と合う漢方を見つけることは、肥満の原因や生活習慣を見直し、太りにくい体質へ改善させるための近道となるはずです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

掲載商品一覧

Page Top